ドラム馬鹿一代対談!高橋まことANNIEドラムとバンドと人生と。第3回

THEYELLOWMONKEYドラム馬鹿一代対談!JETSETBOYS高橋まことTHEYELLOWMONKEYANNIEドラムとバンドと人生と。第3回今のキャリアだからこそのバンドのやり方編

ドラム馬鹿一代対談!JETSETBOYS高橋まことTHEYELLOWMONKEYANNIEドラムとバンドと人生と。第3回今のキャリアだからこそのバンドのやり方編

BOWYDe-LAXGEENA再結成DeLAXそして2016年結成の新バンドJETSETBOYSのセカンドアルバムのツアー中である高橋まことと、昨年15年ぶりに再集結したTHEYELLOWMONKEYのANNIEこと菊地英二の対談、3回目は現在のおふたりのドラマーとしての矜持についてと、昨年からバンドを本格始動した者同士であることについて、お話をうかがいました。

第1回&第2回はこちら!

第1回二人の出会いドラムとの出会い編

第2回ルーツになったドラマードラマーじゃなきゃよかったと思うこと編

音の大きい美学が僕の世代はあるアニー

アニーあと、自分のドラムも、音が大きい美学っていうのがあって。

高橋まことそうだよな。今はもう、叩く時の身体の動き方が、自分でわかってるんで。昔みたいに力いっぱい叩くんじゃなくて、どうやったら楽に叩けるかみたいなことばっかり考えてるから笑。

力入れないで叩くことしか考えてないんだけど、ちゃんとでかい音が出ないとまわりにしょぼいとか言われるから笑。

アニーはははは、それイヤなんだよね笑。

高橋そう、しょぼくなるのがいちばんイヤなんだよ。

アニーねえ。でも、今の若い子、平気みたいですよ。音が小さくても。

高橋そうなの?ちゃんと叩いてんのかよ?って思うけど。

アニーだから、音の大きい美学が僕の世代にはあるんですけど、今の子はないじゃない?だから、今生まれてたらもっと器用でうまいですよ、僕ら笑。あの時代に生まれちゃったから不器用なんだけど、でもやっぱそこが好きだし、好きになってもらえたらいいなと思ってはいるんですよね。

高橋やっぱ音、でかくないとな。

アニーうん。モニターから音を出して今は僕、イヤモニ使っちゃってますけど、本来はホールでもなんでも生音で演奏できないとダメだと思ってるんで。アンプの位置を下げてもらって、お互いの顔が見えるようにして、ステージの中は生音でやって。

高橋俺もそうだよ、ずーっとイヤモニしてないし。BOWYで東京ドームやった時、イヤモニも何もなかったもんな。

アニーあ、当時はないもんね。そうか、ドームでイヤモニなしってすごいなあ。

高橋だからドラムの横に、タンスみてえなでっかいモニター置いてもらって。

まことさんがJETSETBOYSを結成したのも、THEYELLOWMONKEYが再集結したのも去年、2016年ですよね。

高橋うん。俺、さいたまスーパーアリーナに観に行ったから。

アニーああ、恥ずかしい。1日目ですか?2日目ですか?

高橋1日目。

アニーよかった。1日目の方が調子よかったから。最近、たいてい1日目の方が調子いいんですよ。

高橋2日目ダメなの?

アニー2日目は疲れちゃって笑。ただ、お客さんもスタッフも2日目の方がいいって言うんです。あれ、なんでしょうね?自分の評価と人の評価って違いますよね。

高橋人から見たら、2日目で力が抜けていい感じになってからの方がいいんじゃない?だから力入ってんだよ、1日目は。

アニーああ、そっか。なるほどね。

高橋でもよかったよ、すごい。

アニーありがとうございます。まことさんのJETSETBOYS、観に行かないと。

本番やってバンドが固まるってとこ、ありますからねアニー

新しいバンド、いかがですか?

高橋いや、ライブの数が、昔に比べたらめちゃ少ねえから。もうちょっとやりてえけどな。

アニーねえ、本番やってバンドが固まるってとこ、ありますからね。

高橋あるある。

アニーうちも去年もう一回始めましたけど、やっぱリハーサルを始めた頃は、別のバンドみたいになっちゃってて。まあ感覚は取り戻せると思ってたんだけど、ツアー初日をやってみてわかったことが多すぎて。もう一回ちゃんとやるには、ライブいっぱいやんなきゃダメだなって思った。

それで、何十本もやって、やっと固まってきて昔一緒にやってたバンドでもそうですからね。ましてや新しいバンドは大変だと思いますよ、作り上げるのは。

高橋まあね。でも楽しいよね。

アニーまあそこが楽しいんだよね。

でもほんと、60歳を超えてから新しいバンド結成って、なかなかないですよね。

アニーねえ?

高橋いや、べつにそういう奴がいてもいいんじゃない?っていうさ。

アニーいてほしいですよ。

高橋やれるうちが花だから。これでね、あそこが痛えだの、ここが具合悪いだのって始まったらさ、好きなこともできなくなるじゃん。身体が動くうちにやっとかないとね。後悔したくないから。

最終回我はいつまで叩くのか編〜7月17日月祝19時公開予定

PRESENT高橋まこと菊地英二2名のサイン入り色紙を3名様JETSETBOYSメンバーサイン入りポスターを1名様にプレゼント!

>>プレゼント応募方法掲載のインタビューはこちら