パナマの電化製品購入には独特のシステムがある?

スペイン語の教科書がCD付きで、PCにCDドライブがないのでCD読み込みのドライブを買いに行くことになりました。

無謀にもCDプレーヤーが欲しいと探してみたものの、さすがのパナマでも、電気屋さんのおじさんにもうCDプレーヤーはないよって言われてしまいました笑

パナマの電気屋さん、お店の見た目はいたって普通です。あえて言えばブランド名があちこちペタペタしてあるのが、海外っぽい!って感じかな

お店の中をぐーるぐるして、お目当てのCDドライブを発見。売れ行き商品じゃないので、置き方がだいぶテキトー

それでも、週末の宿題に必要だったので私には輝いて見えました笑

さて、商品ちょーだい、買うべよー、って思っていたところ、棚から出してもらうスペイン語を知らないので、ここからは夫にバトンタッチ。私、まだアルファベット、少しの名詞、be動詞、レストランでの少しの会話くらいしかわからんのですもん笑

棚から商品を出してくれた店員さん、そのまま商品を作業テーブル側に持って行ってしまい、PCを横に、名前は?と聞く。夫が名前を答えて、そのまま戻ってきた。

なぜに?何してるんだ?私の大事なCDドライブは??と少し混乱。CDドライブないと、私、週末の宿題できない。これ大事件

CDドライブはー?って聞くと、あっちで支払いして、それから商品をもらうんだよ、とあっさり。

ん?

どゆ意味???

ごめん、単細胞すぎて理解できない

理由ない行動が苦手で、脳内完全フリーズ

とりあえず夫に連れて行ってもらい、手ぶらで、レジにGO。

支払いの時に、先ほど店員さんに伝えた名前を言うと、確かに、自分が買う予定だった商品の名前と金額を連絡され、支払い完了。

テケテケと、そのまま隣のカウンターに誘導されます。

レシートを店員さんに渡すと、なんと、商品もらえました

CDドライブがGETできて満悦だったけど、なぜにこんな仕組みなのだぁ?と悶

夫に聞くと、パナマをはじめ、中南米はこういうシステムが多いらしい。

店頭の商品を持ち逃げされないように、

1商品を店内の店員に連絡して、自分の名前を登録

2自分の名前で登録したものを、レジで支払い

3荷物受け取りカウンター商品を受け取る

実際の商品は、店舗裏の倉庫にあり、支払い完了したものから受け取りカウンターに手配される模様。こうして実際の在庫/商品を守っているそうです。

確かに、受け取りカウンター、上のほうに、EXTREGAdelivery/配送って書いてあった(家に帰ってから調べた)

ちなみに支払いレジカウンターはCAJAcashregister

誰もが当たり前に支払いをする/支払いが担保できる環境でないと、こういう仕組みもあるんですね。

なかなか現地で電化製品を買うことは少ないので、今回のCDドライブがなかったことはラッキーだったかも。

またひとつ面白い体験ができた1日でした

いいね!代わりにポチッとしてくれると嬉しいです。:)