再現は形而上

オペラに付いての当時等の文書に依ると其の舞台、齧り付きには、

バイオリニストが顔を並べ其の唱法や技術を学ぶ様子と記述で?、

又、其の逆ではヴァイオリン奏者の技法や奏法を学ぼうと、

オペラ歌手が同じく齧り付きにと記述されて居ますが其の技法や、

唱法奏法を両部門で学び相ったと此れは当時の哲学者に依る記述。

音律や唱法、奏法では共通と言える処にも依って相、学び合う、

共通点と言えますが微笑ましい記述と受け取れます。

当時の哲学者に依る此の種の記録は音楽に執っての貴重な記録で、

学問の繋がりを感じますが又、後世にとっては感謝の文献です。

又、当時の演奏習慣も彷彿とする感も在りますが楽譜のみでの、

貴重な遺産も当時の教本や教師の書き込みからの事実も貴重です。

現在に置いて知りたいのは当時、どの様に演奏されて居たのかが、

知りたい目的ですが記譜法の理解にも依って違った再現でも在り、

在り得る事で?作曲法でも其の理解度に依っては楽譜解釈は違い、

従って、再現された音学の違いも有り得ると言う事でしょうし、

如何に忠実に再現出来たかは問われるのでは無いでしょうか?、

時代を画して再現出来る音学の内容の違いは時代や文化の経過も、

在るでしょうし自分本位の解釈も出来るとしたら学問的解釈は?、

当時の演奏習慣に依る?再現には疑問も生じ疑義に悩むかも?、

知れませんが、当時の演奏では無く、再現音学としたら、

違うと感じる霊的な理由の違和感は何と解決、解消出来るかが?、

残り、試行錯誤は続くと言う事ですし再現で消えた時の感じも、

霊的としか云い得無いあの、感動は在り得ない事にも成り?、

楽譜解釈に霊的な感覚が云々左右されるのかも知れません。

此の楽譜解釈は同時代性に在る時は比較的に解決出来そうですが、

演奏結果と思索上の表現域が形而上と成れば其の無形の結果は?、

際限無く広がり?霊的な納得に到達出来無い限り違うとの感じで、

形而上の表現に彷徨う事に成って仕舞います。

例えばスラー記号の小節線を超えた時の固有のアクセントの場合、

現在、ロマン派に依るコンテンポラリー的知識に依る時と?、

バロック時代の演奏習慣に依る時では全く違うとの解釈では?、

意識しない現在との差は表現上、全く違うと言えますが?、

演奏、再現し比べて観れば違うのを知る事が出来ますが?、

其の時の感じは違う時代の音学と言えますし?、

バロック時代の音楽が対位法での作曲法で作曲され其の和音にも、

依りますし和声的作曲法での和声とは違い旋律での重なりに、

依ってのコード、和音ではなく旋律の重なりでの和声ですが、

和声と観るか?和音と観てのコードでは無い為?の違いも生じ、

スラーに依っての滑らかさやフレーズにも変化で?在るとしたら、

固有のアクセントの意識は演奏再現上に現れる表現と言えますし、

スラーゆえのシンコペーション結果も表現上の変化ですが?、

其処に時代性、当時の演奏習慣と観れば現在音学習慣と?、

バロック時代の演奏習慣では相当の違いと言う事ですが?、

ロマン派音楽思想的、バロック音楽の演奏を聞く時の違和感は?、

感じる人と感じ無い人の差と言う事ですが?バロック時代の、

作曲法に依る他声部の重なりに依る響き音声の重なりと?、

和音としての和声進行では少し違って聞こえると言う事ですが?、

在る人がバッハに減七がの云々とも成るが如し、かも知れません。

其の他の記号にも時代に依って解釈が違う様ですが?、

ロマン派時代のコンポラ常態の音楽環境が書く時代の音楽を、

統一的と思わせる現在音楽環境は音楽の基礎時代と思われる?、

現在常識を観るに思い音楽的統一感での在り方には辟易ですが?、

其々の時代の音学での演奏習慣は簡素化されて便利は善いのかも、

プロフェッショナル、音楽界の趨勢は苦々しく感じますが?

衰退?の兆しも感じる今日此の頃ですが?バロック時代の音学は、

現在の人々に演奏習慣を失い?忘れられてゆく?、

音学なのかも知れませんし、忠実な其の時代の正しさに置いての、

演奏習慣に依る再現を聞く事も無く?廃れゆく音学としては?、

日夜、音楽界に在ってコンテンポラリー的音楽環境に依っての、

演奏は当時の演奏習慣では無くバッハの楽譜が埃被りで見つかり、

メンデルスゾーン氏に依って救い出されはしたものの?、

其の当時の演奏習慣では無く現在習慣での演奏に依る音楽は、

異質?異時代の演奏習慣ではコンポラ内の音楽愛好家以外は?、

離れゆく演奏形態と言えますが?観直す事も無く演奏され?、

又、埃り被りの時代に?成るのかも知れません?。

広告を非表示にする